loading...
  • トップ
  • 時刻表復刻版 1968年10月号
時刻表復刻版 1968年10月号

時刻表復刻版 1968年10月号

紙書籍版

内容紹介

時刻表復刻版シリーズの第4弾!

『交通公社の時刻表』1968年10月号の内容を復刻したムックです。
表紙にはカバーをつけ、通常の時刻表よりも豪華な仕上がり。

昭和43年(1968年)10月の実施から、後に「よん・さん・とお」といわれた戦後の代表的なダイヤ大改正号。
この改正の最大のトピックスは東北本線・東京―青森間全線の電化・複線化の完成。
また、東京以北に目が向きがちな改正ですが、東海道・山陽本線でも、東京―博多間の「あさかぜ」の増発や、新大阪―熊本間の「明星」、新大阪―宮崎間の「彗星」、名古屋―博多間の「金星」などが新設され、夜行寝台特急の充実が図られました。

のちに戦後・昭和の3大改正(他は昭和36年10月、昭和63年3月)のひとつとも謳われた「よん・さん・とお」。
鉄道ファン、歴史好きの方にオススメの1冊です。

元・時刻表編集長の解説もついています。

  • トップ
  • 時刻表復刻版 1968年10月号
ページトップへ戻る