loading...
  • トップ
  • るるぶミャンマー(2020年版)
るるぶミャンマー(2020年版)

るるぶミャンマー(2020年版)

電子書籍版

内容紹介

【絶景ぎっしり! 神秘の仏教国ミャンマーへ】
ミャンマーは東洋の神秘が詰まった仏教国。成田空港からの直行便も毎日出ていて、6~8時間で着けます。これまで必要だった観光ビザが日本人は必要なくなったこともあって行きやすくなるなど、各旅行会社も今イチ押しの国なのです…! ※2019年2月現在 「るるぶミャンマー」では、黄金で彩られた大寺院や絶景の遺跡群、落ちそうで落ちない不思議な岩など、仏教国ミャンマーならではの名跡をぎっしり紹介。気になる参拝のマナーや遺跡の注目ポイントなど、旅前に予習しておきたい豆知識もあり。もちろんグルメやおみやげ情報も充実です!
【本誌掲載の主な特集】
■ミャンマー神秘の絶景集
■ヤンゴン
・ミャンマー観光ベスト1!! シュエダゴン・パゴダ徹底見学・ボージョーアウンサン市場でおみやげを・コロニアルな街をさんぽ・グルメ、みやげ
ヤンゴンからひと足のばして バゴーで僧院見学/チャイティーヨーのゴールデンロック
■バガン
・バガン大展望スポット・アーナンダ寺院・シュエズィーゴン・パゴダ・グルメ、みやげ
バガンからひと足のばして 天空のポッパ山
■マンダレー
・必見みどころガイド・グルメ、みやげ
マンダレーからひと足のばして アマラプラの絶景橋/巨大仏のモンユワ
■インレー湖
・インレー湖・カックー遺跡・グルメ、みやげ
【編集部より一言】
なぜ今ミャンマーをオススメするのか。それは、ローカルな雰囲気がムンムンだから。日本から旅行する人にとって割とポピュラーなアジアの国や都市に比べると、ミャンマーの情報はまだ少なくて、未知の国ではないでしょうか。丸っこいミャンマー語に囲まれて、男性も女性もスカートのような民族服(ロンジー)を履いていて、異国の心細さが強いのか…と思いきや全然そんなことはなく、人は優しくてホッとさせてくれる国です。
※この電子書籍は2019年4月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります
■クーポンコードの利用方法について

  • トップ
  • るるぶミャンマー(2020年版)
ページトップへ戻る